« 地獄から業火ではなく霧がやってきた | トップページ | 未来は定められたモノではない。世界が君を待っている »

私の心は孤独な狩人

スカーレット・ヨハンソン、ジョン・トラボルタ共演による感動ドラマ。フロリダで怠惰な生活を送るパーシーに、長年会っていなかった母の訃報が届く。ニューオーリンズの生家に帰ったパーシーを待っていたのは、二人の見知らぬ母の友人。元文学部教授のボビー・ロングと、彼を慕う作家志望の青年ローソン。そして嫌々ながらの三人の同居生活が始まる。(以上Amazonプレビュー)

少女でありながら聖母でもあり、皆に愛される子供でもある主人公のパースレーン。
世界に自分一人っきりだと思っていた彼女が自分を知り、そして世捨て人達であった周りをも救う。とくにダメ親父のトラボルタが渋い。

大人になっていく少女を魅惑的なスカーレット・ヨハンソンが演じた。
Scarlett_johansson
ちょっとイメージよりも大人過ぎ、魅力的過ぎる気もするのだが、しっかりと心理描写も表現されていたように思う。

最後の決め台詞は印象的だ。

人は冒険をやめてはならぬ。
長い冒険の果てに出発点へ辿り着くのだから。
そして、初めて自分の居場所を知るのだ。
T・S・エリオット

自分が今ココに在る事を知る。なんて素晴らしき哉。
オススメ度★★★★☆

ママの遺したラヴソング スペシャル・エディション [DVD] DVD ママの遺したラヴソング スペシャル・エディション [DVD]

販売元:角川エンタテインメント
発売日:2007/09/07
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 地獄から業火ではなく霧がやってきた | トップページ | 未来は定められたモノではない。世界が君を待っている »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 私の心は孤独な狩人:

« 地獄から業火ではなく霧がやってきた | トップページ | 未来は定められたモノではない。世界が君を待っている »